離乳食の裏ごし器は100均(ダイソーやセリア)で購入できる?使い勝手や失敗談も!

こんにちは!

3人の子供をもつ主婦です。

赤ちゃんがすくすく大きくなり、喜ばしい限りですが、離乳食が始まると待ち構えているのが、裏ごし作業ですよね。。

なんとか100均のもので離乳食作りを安く・簡単にできる品物はないものか、と思い、自らの経験やSNSの声などをもとに、リサーチしてみました!

 

ここでは、5~6ヶ月の、初期ごっくん期の、離乳食作りの必須アイテム、

ベビーフード用のすり潰し用調理器具「裏ごし器」について、

● 100円均一(ダイソーやセリア)で購入できるか?
● 100円均一の裏ごし器の使い勝手や失敗談
● 離乳食作りを楽にするおすすめの方法

 

について、ご紹介させていただきます。

 

100均の裏ごし器を使った初期の離乳食の作り方

 

5か月・6か月頃から開始される初期のごっくん期といえば、最初の難関!10倍がゆです!!

 

●ごっくんできるように、ざらざらが残らないように、すり潰し
●口当たりが滑らかに、ペースト状になるまで、裏ごしをする

という作業が、お米だけでなく、全ての野菜でも、必須になってきます。

 

そこで活躍するのが下記の様な理離乳食調理セット

(参考:リッチェル)

 

筆者も一人目の時は、これは必需品!!と、購入したのですが、
もう不要になったと手放したところ、2人目の妊娠が発覚。

 

赤ちゃん用品も、一つ一つ専用のものを揃えると結構値が張るので、
2人目・3人目は、できる限り100円均一で揃えられるものを使って代用するようにしました。

 

同様に、100均の裏ごし器を上手に活用されている人達のSNSもありましたのでご紹介させていただきます。

 

やはり、100均で準備する・したという意見がありましたね。
実際にどのような裏ごし器があるのか、見てみましょう♪

100均の裏ごし器はどんなものを選べばよい?

100円均一のものといっても、具体的にどのようなタイプが代用できるのか調べてみました。

1. すり鉢&すりこぎセットで裏ごし

筆者も、「すりこぎとすり鉢」で、一食分ずつ、すり潰していました。

ただデメリットは、やはり粒が残ってしまうこと。
すりこぎ単体でペースト状にするまではけっこう大変です。

 

2. 茶こしで裏ごし

粒の残らない10倍がゆを作りたい!

となると、やはり網目のある茶こしのようなものがあれば便利です。
離乳食の量にもピッタリのサイズなのですが、

【デメリット】としては、
・小さすぎてやりにくい。
・網目が細かすぎて上手くできなかった

との意見もありました。

 

3. ザルで裏ごし

3つ目は、茶こしより大きめの、鍋に引っ掛けられるタイプのザルで裏ごしする方法!

 

こちらの方のように、ピッタリとハマる鍋があれば、使いやすいかもしれませんね。

ただ、これは茶こしにも言えることですが、アーチを描いている形状のため、裏ごししにくいというデメリットも。

 

3. 裏ごし器

写真は離乳食ではありませんが、100均にも裏ごし器がありました!
ケーキ作りコーナーにあるようですね。

 

ただ、一食ずつ作りたいという方からは、下記のような意見もありました。

 

この気持ち、すごくわかります・・・!

 

そこで、見つけたのがこちら!!
ジャジャン!

こちらも、離乳食ではありませんが、ざるの様な形になっていない、小型の裏ごし器!

今までの中で一番、ベビーフード用の調理器として活用できるのではないでしょうか?

 

4. マッシャー

離乳食を作っていて、一番面倒だったのが、洗い物です。

裏ごし器って、網目が細かいのでどうしても、洗うとき、網目に入ったご飯粒などを取り除くのが一苦労でした。

 

そこで便利なのが、「マッシャー」。
お米には粒が残ってしまいますが、ジャガイモやサツマイモなどなら、「マッシャー」で簡単にペースト状にでき、洗いやすく便利ですよ♪

 

5. ブレンダ―で裏ごし

こちらが、ブレンダ―ですね。

さすがに100円均一ではありませんが、料理に使うであろうと筆者も最終手段として、購入したものです。

面倒な手間を便利アイテムで解決しようと、解決策を求めての決断でした(^_^;)。

 

ただ、購入してから気が付いた【デメリット】としては、
・ある程度の量がなければ潰せないので、少量しか食べられない離乳食初期には不向き。
(大量に作って冷凍保存するならOK)

・どうしても一定数のお米の粒は残ってしまうこと。
(5倍がゆくらいからならオススメ)

 

個人的には、離乳食以外では結局あまり使いませんでしたが、

料理好きな方なら長く使えて便利だと思いますよ♪

 

100均の裏ごし器での失敗談いろいろ

実際に、「100円均一で買った裏ごし器や茶こしで、離乳食の裏ごしをしてみた」という方々のツイートがありましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

・小さすぎて破壊してしまった、
・すぐに壊れてしまった、

 

という意見が以外と多く、驚きました。

そしてやはり、ブレンダーがほしいという意見も多くありましたね。

6000円程度で買えるものもありますので、選択肢の一つとして念頭に入れておいても良いでしょう。

 

裏ごしは専用のものがいいという声も

最近の100均は、ダイソーもセリアもキャンドゥも、アイデア商品が続々と開発され、筆者もよくパトロールしているのですが、

やはり、初期の離乳食作りの調理器具に関しては、すりつぶす&裏ごしするという作業が必要になってくるので、専用の商品には敵わないかもしれません。

 

専用のものだと、一まとめに重ねて収納できて場所を取らないというのも、魅力ですよね。

 

・一時期しか使わないものだから安く抑えるために壊れるの覚悟で100均で揃える

・一時期しか使わないとはいえ、毎日のこと(1~2回食)だから、100均ではなくきちんとした調理セットを揃える

 

どちらでも、ご自身のライフスタイルや考え方に合ったものがいいですね。

 

ベビーフードを買ってしまうという選択肢も

こちらのページに訪れてくださった方は、100均の裏ごし器を離乳食作りに活用できないかとたどり着かれたと思いますので、ベビーフードを購入するというと、少なからず抵抗があるかもしれませんね。

 

ですが、

【乳年期に必要な栄養素】
鉄▶︎血液を作り身体中に酸素を運ぶ
亜鉛▶︎免疫と味覚の鍵
ビタミンD▶︎骨を強くする
ビタミンA▶︎皮膚や粘膜の健康を得る
カルシウム▶︎強い骨を作る
DHA▶︎脳や神経を構成する栄養素

 

とくに鉄!
赤みの肉や魚、レバーなどの鉄を接種しようとすると、

少量の離乳食を作るために茹でてみじん切りにしてすり潰して・・・となり、相当な労力が必要になり、我が家も頭を悩ませていました。

 

10倍がゆは作るとしても、
「その他は有機野菜などの栄養価の高い離乳食はベビーフードを購入してバランスよく取り入れてしまう」ということもおすすめですよ♪

 

カインデストのベビーフードなら、万一ご主人やお姑さんに指摘されたとしても、安全面、栄養面からも考慮して、「あえて積極的に取り入れた」と、自信をもって言えますよ!

 

 

カインデストのベビーフードってなに?

カインデストのベビーフードって??
という方のためにご紹介させていただきますね。

 

【特徴】
・厳選された契約農家の国産有機野菜を使用
・不要な調味料・保存料・添加物を最大限不使用
・小児科医・管理栄養士・シェフが監修
・栄養バランスが考えられた商品設計

 

 

【メリット】

・コロナの感染も心配な中、新鮮な野菜を購入しに買い物へ行かなくてよくなる
・すりつぶす手間、裏ごしする手間がなくなる
・細かい網目を洗い物をする手間がなくなる
・なかなか取り込みにくいビタミンEなどの栄養もしっかりとれる。色の濃さを見れば一目瞭然!
・美味しく食べてくれる
・食べない分は保存可能
・レトルトで外出時に便利!災害用の非常食にも。

 

サッカーの長友佑都選手も食育として愛用しているそうですよ!!

 

 

ベビーフードの中では高級な方だとは思いますが、原材料や栄養素を見ると、納得の価格です。

・初回なら980円送料無料で定期の回数縛りなし
・食べなければ次回発送の8日前までに次回の発送をストップすれば、解約も可能です。
・万一赤ちゃんが気に入らず食べなかった場合でも、全額返金保証を使え、安心。

味に自信がある証拠とも思えますよね。

 

中期以降になれば、裏ごしでペースト状とまではいかなくても、すりこぎやマッシャーで多少粒が残っても食べられるようになりますので、

まずは、初期で赤ちゃんのお世話に追われながら、一番大変な初期だけでも、

 

裏ごしする手間やストレスなく、赤ちゃんとのコミュニケーションの時間にあてられれば、いいですよね!

市販のベビーフードにはなんだか抵抗がある・・・

という方でも、

カインデストのものであれば、作るより栄養価も高くなるし♪と、堂々と活用できる思いますよ♪

未開封時は常温で保存でき、そのままでも食べられるので、
常備しておくと非常時や、外出時にもまた便利なのですよ。

 

実際に届いた離乳食はこちら!

 

このような、可愛らしいパッケージで届きます。
筆者は現在、ぱくぱく期を利用していますが、
ペースト状のごっくん期(初期)用なら、キャップ付のパウチで届くので、
食べる分だけだして、食べない分はキャップして次回に保管しておけますよ♪(冷蔵庫で翌日まで)
こちらはなんとボルシチ!
(自分で作るとどれほど手間な事か・・・)
どうですかこの色の濃さ!!
味は薄味ですが、有機野菜たっぷりで、野菜の甘味をしっかり贅沢に味わえましたよ!!
(いつもよく多く食べる我が子を見て思わず味見してしまいましたw)

 

 

まとめ

以上、離乳食を100均の裏ごし器で作る方法について、ご紹介させていただきました。

また、時には市販のものも取り入れ、栄養のバランス良く、
可愛い赤ちゃんとの貴重な時間を過ごせる心のゆとりも持てるといいな、

 

と、ベビーフードの中でも有機野菜で栄養価の高い、カインデストのベビーフードについてご紹介させていただきました!

 

手作り以外に抵抗があった方も、今なら、980円で3食分試せますので、このチャンスを見逃さないでくださいね♪
(我が家は2日に分けて食べさせたので、実質6食分になりました♪)

 

>>カインデストのベビーフード初回980円はこちらから

 

育児は本当に想像のつかないことばかりで大変なことも多いですが、離乳食の時期は長いようで、あっという間です。

取り入れられるものは取り入れて、ストレスフリーに、
可愛い赤ちゃんとの楽しい時間を過ごしましょうね♪

Twitterでフォローしよう