茂原市萩原公園(通称自転車公園)なら、交通ルールを遊びながら学べます!

親子でちょっとしたレジャーやおでかけ、家族やお友達とお弁当を持って手軽にピクニック気分を味わえる♪

そんな場所が、千葉県茂原市にあります!

そこは、萩原公園、通称「自転車公園」
車で行く人が多いですが、JR外房線の、新茂原駅からも徒歩10分くらいで行ける場所にあります。

スポンサードリンク

荻原公園が、自転車公園と呼ばれる理由は?

公園の中は入り口を入ってすぐ、蒸気機関車の展示がされています。

これだけで子供たちは大興奮なのですが、

蒸気機関車の下には線路があり、
その線路に沿って歩いていくと・・・、

踏切(警報機付)横断歩道信号機まで!
道路標識もあり、まさに自動車教習所の自転車Version!!

子供向けの自転車教習所として、遊びながら交通ルールも覚えられる、とても魅力的な公園なのです!

「自転車の練習&交通ルールを学べる公園」=「自転車公園」

という図式が、「自転車公園」と呼ばれる所以ですね♪

萩原公園の広さは?

広さも約10,000平方メートル超と十分!遊具もあるほか、
自転車用道路を一周するにも難はなく、迷子にはなりにくい位の、程よい大きさです。

萩原公園での自転車の借り方は!?

なんといっても

「何十台もの自転車を借りられる」

ことが、萩原公園の魅力です。
もちろん、普段から愛用している自分の自転車を持って行っても大丈夫です!!

我が家では、初めて買った自転車など、補助輪を外すときは、こちらの公園にお世話になりました!

自転車を借りられる場所、種類

入り口を入って右側建物の中に、数十台の自転車があります。
種類は年齢に合わせて様々。

  • 自転車(サイズ様々)
  • 補助輪付き自転車
  • 三輪車
  • ペダル無しのストライダー
  • 足踏み式カート(赤、青) など♪

三輪車の後ろに、大人が押せる補助が付いているものもありますので、兄弟でも楽しめますね♪

自転車の借り方はたったの2ステップ!

  • 乗りたい自転車を選ぶ
  • ノートに日付、学校名、名前、時間を書く(帰りは返却時間も忘れずに)

そう。たった2ステップ。
管理人さんがいないときもありますが、小屋の中のテーブルの上にノートが置いてあるので(←すぐにわかります)、記入さえすれば、借りられますよ!

スポンサードリンク

自転車で遊べる時間は?

自転車を借りられる時間は決まっていて、9:00~16:30

※12:00~13:00の間は、いったん自転車を返さなければなりません。

なのでどこの家庭も、この時間にレジャーシートを広げ、お弁当を食べ始めます。

萩原公園には何があるの?

  • 貸出用自転車
  • 遊具(詳細は下記)
  • 蒸気機関車の展示
  • トイレ(入り口左側中はリフォーム済できれいです!)
  • 自動販売機(入り口左側)
  • 屋外用テーブル
  • 屋外用ベンチ
  • 芝生の広場 など

外からでも見える、入ってすぐの蒸気機関車が公園のシンボルマークになっている荻原公園。
公園内には、いたるところにベンチが置いてあるので、散歩の休憩に、また、子供たちが遊んでいるのを親はゆっくり腰をかけて見守ることができ、ありがたい限りです。

また、蒸気機関車の前は開けた広場になっており、ベンチや、自転車用通路を挟んで屋外用テーブルセットもありますので、レジャーシートがなくても、機関車を眺めながらお弁当を食べることもできます。

もちろん、レジャーシートでゆっくりしたい場合は、公園の奥にも広いスペースがあるので、そこでゆっくりくつろいだり、バドミントンやフリスビー、ボールなどを持参して楽しむこともできます。

萩原公園の遊具は何があるの?

  • 回転型滑り台
  • ブランコ(4人分)
  • 鉄棒(2基)
  • 回転式遊具
  • 飛行機型ジャングルジム
    ※特に男の子はテンションが上がります!
  • 砂場
    (屋根付きなので真夏も陽射しから守ってくれて安心です♪)
    ※スコップやバケツなど、砂場セットも、自転車と同じ場所で貸してもらえます!!

まだ自転車に乗れないお子様も、十分遊べるだけの遊具があるので、お散歩に最適ですね♪

萩原公園の場所は?

住所:茂原市上林173番地9
アクセス:JR外房線新茂原駅から徒歩10分または、タクシー3分
駐車場:23台分(無料)
自転車貸出:管理人さんの勤務日の9:00~16:30(12:00~13:00の間は要返却)
休園日:年末年始はお休みになります。

※駐車場は公園の入り口目の前にありますが、そのすぐ隣にある、近隣の月極駐車場と間違えないよう要注意です。

萩原公園の楽しみ方(我が家の場合)

持ち物(0,4,8歳子連れの場合)

  • レジャーシート
  • ウエットシート
  • お弁当、水稲、ごみ袋
  • 帽子(夏場)
  • 遊び道具(ボール、バドミントン、フリスビー)
  • 救急セット(怪我に備えて)

  • 赤ちゃんグッズ、ベビーカー、授乳ケープ

とりあえず、これだけあれば十分です。トイレや自動販売機も近いので、手を洗ったり、飲み物を買い足したりもできます。

遊ぶコース

  1. 入り口入って右側の自転車小屋で自転車(1種類目)と砂場セットを借りる
  2. 自転車に乗って一番奥の広場へ行き、木陰へレジャーシートや荷物を降ろす。(貴重品以外)
  3. 奥の遊具で遊び倒す。
  4. 一周し自転車を交換し、また数週(2~3種類)
  5. 12:00自転車を返却し、お昼休憩
  6. また自転車に乗って終了
  7. 入り口左手のトイレで手を洗い、自動販売機で飲み物を買って帰ります。

入り口付近にトイレ、自動販売機があるので、帰りたがらない子供たちも、飲み物の誘惑につられてくれる、
なんともありがたい作りになっています(^^)

そしてもちろん、帰りの車内では即、爆睡です!

まとめ

萩原公園は自転車の練習だけに留まらず、小さい子共から小中学生、大人の散歩コースにまで、幅広い年齢層で楽しめる施設ですね♪管理人さんもいて尚安心です!

2019年には自転車もリニューアルされ、新しいものも増えていましたので、
皆様も一度ぜひ、足を運ばれてみてくださいね☆

 

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう