琴川(長崎県対馬市)の現在の水位、道路交通情報をライブカメラからリアルタイムに調査(令和2年7月豪雨)

令和2年7月豪雨と名付けられた豪雨の影響で、九州北部に300~400ミリの雨量が予想されています。

 

筑後川の氾濫に続き、対馬市を流れる琴川(きんがわ)も、氾濫危険水位護岸の高さを上回ったとの情報が入りました。

 

今回は、

・琴川氾濫場所や浸水状況
・琴川の現在の水位
・琴川周辺のハザードマップ
・琴川近隣に開設された避難所情報
・琴川周辺の道路交通情報

 

について知りたい方向けに、記事をまとめました。

スポンサードリンク

長崎県対馬市琴川の場所

まず、対馬市の琴川の場所を見てみます。

琴川の場所は下記地図よりご確認することができます。

 

琴川の現在の水位をライブカメラ映像で確認

続いて、琴川の現在の水位をライブカメラ映像で確認してみたいと思います。

対馬市を流れる琴川の現在の水位は下記のサイトから、ライブカメラで撮影されたリアルタイムな状況を知ることが出来ます。

河川水位状況については、
「Yahoo水位情報」サイトから確認することができます。

 

琴川の現在の水位ライブカメラ(リアルタイム)と水位確認

琴川(対馬市)Yahoo水位情報

こちらのサイトでは、ビデオカメラマークを押すことで、河川のライブカメラ(リアルタイム)の確認と、

下記のような、水位の確認が出来ます。

(※琴川に関しては、ライブカメラの設置はありませんでしたので、水位をご確認いただけます)

 

琴川水位局の水位情報

こちらでは、琴川氾濫危険水位1.98mを基準にした現在の水位を確認できます。

7月10日7時40分に危険水位を超え、9時20分現在では、2.3mに達したと表示されていました。(2020年7月10日9:20時点の情報です)

 

琴川の河川ライブカメラでリアルタイムに状況確認

琴川にライブカメラの設置はありませんでしたので、参考までに下記を載せておきます。

【ライブカメラ】豆酘埼灯台からの映像

豆酘埼灯台からの映像

プリセットを選択すれば以下の場所を見ることができます。

  • ミョー瀬 約1.2㎞
  • 長瀬埼 約3㎞
  • 神埼 約4.5㎞

【ライブカメラ】三島灯台からの映像

三島灯台からの映像

※現在、三島灯台のライブカメラは、機器障害等のため見ることができません。

とのことでした。早く復旧できることを願います。

 

スポンサードリンク

琴川周辺の道路通行状況をリアルタイムに確認

もし琴川が氾濫すると、洪水の影響で、道路が通行止めになる交通障害が発生します。

そんなときに、琴川周辺の道路交通情報をリアルタイムに確認できる方法があります。

それが、トヨタ自動車が提供する、「通れた道マップ」が便利です。

トヨタ自動車が提供する通れた道マップ

通れた道マップ

「エリアを選ぶ」から地域を選ぶと、確認することができます。
(※災害地域が優先して表示されるようになっています)

・通れた道は青、
・渋滞は赤、
・混雑は黄色、
交通規制は黒と、通行止めは×で表示されます

琴川周辺のハザードマップ(対馬市)

琴川周辺のハザードマップは、見つかり次第掲載します。

琴川周辺の避難所情報(対馬市)

琴川氾濫によって開設された避難場所はこちらです。

対馬市避難所開設情報(対馬市HP)

 

対馬市のホームページへ飛びます。

最新の避難所情報を確認するようにしてください。

 

いざというときにあれば便利なアイテム

緊急脱出ハンマー(シートベルトカッター付き)

水の勢いは想定外のもので、水圧に飲み込まれると車内からの脱出もできないといいます。

氾濫しないに越したことはないですが、いざというときの備えにこちらもあれば安心と思いましたので載せておきますね。

スマホ充電できるライト兼ラジオ

避難所にあってよかった!
という意見が多かったスマホ充電のできるラジオなど載せておきます。

 

その他あればいいもの

他には体拭き簡易まくら耳栓なども、
持って行けばよかったとの意見が多かったです!

備えは直前では慌ててしまうので、
事前にリュックにまとめておきたいですね。

 

長崎県対馬市の周辺地図と雨雲レーダー

長崎県対馬市の周辺地図と雨雲レーダーをYahoo!地図で表示します。

天候チェックにご活用ください。

インターネットやSNSで発信されたリアルな状況

また更新していきたいと思います。

まとめ

大雨の影響で地盤が緩み、土砂災害や道路陥没、浸水なども危惧されます。

琴川近隣の皆さま、いつでも避難できるようにご準備と、命を守る行動を第一に、どうか、ご無事でいてください。

 

この記事が少しでもお役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう