筑後川氾濫で現在の水位や道路交通情報は?各地ライブカメラも(令和2年7月豪雨)

令和2年7月豪雨と名付けられた観測史上最大の大雨の影響で、

福岡・佐賀・熊本・大分を流れる筑後川が氾濫し、広範囲が浸水、甚大な被害が出ています。

今回は、

・筑後川氾濫場所や浸水状況
・筑後川の現在の水位
・筑後川周辺のハザードマップ
・筑後川近隣に開設された避難所情報
・筑後川周辺の道路交通情報

 

について知りたい方向けに、記事をまとめました。

この記事が、お役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

氾濫した筑後川の場所

まず、氾濫した九州の筑後川の場所を見てみます。

筑後川の場所は下記地図よりご確認することができます。

 

 

 

筑後川現在の水位をライブカメラ映像で確認

続いて、筑後川の現在の水位と道路状況をライブカメラ映像で確認してみたいと思います。

九州を流れる筑後川の現在の水位は下記のサイトから、ライブカメラで撮影されたリアルタイムな状況を知ることが出来ます。

 

河川水位状況については、
「Yahoo水位情報」サイトから確認することができます。

 

筑後川の水位ライブカメラ(リアルタイム)と水位確認

筑後川Yahoo水位情報

こちらのサイトでは、ビデオカメラマークを押すことで、河川のライブカメラ(リアルタイム)の確認と、

下記の様な、水位の確認が出来ます。

筑後川周辺の道路通行状況をリアルタイムに確認

筑後川氾濫や洪水の影響で、道路が通行止めになる交通障害が発生します。

そんなときに、筑後川周辺の道路交通情報をリアルタイムに確認できる方法があります。

それが、国土交通省の九州整備局ライブカメラと、トヨタ自動車が提供する、「通れた道マップ」が便利です。

 

国土交通省九州地方整備局ライブカメラ(リアルタイム)

国土交通省九州地方整備局ライブカメラ

こちらでは、各地域に設置されたライブカメラにより、リアルタイムな道路の通行状況を確認できます。

下の方へスクロールしていただくと、NEXCO西日本の各道路のライブカメラなどもご確認いただけます。

 

トヨタ自動車が提供する通れた道マップ

通れた道マップ

「エリアを選ぶ」から該当地域を選び、
(災害地域が優先して表示されるようになっています)

・通れた道は青、
・渋滞は赤、
・混雑は黄色、
交通規制は黒と、通行止めは×で表示されます

 

スポンサードリンク

筑後川周辺のハザードマップ(久留米市・うきは市・日田市)

筑後川洪水ハザードマップ(久留米市)

福岡県うきは市ハザードマップ

大分県日田市ハザードマップ

 

 

今回は被害が特に甚大だった、熊本県久留米市・うきは市・大分県日田市のハザードマップを載せました。

マップは校区ごとに作成されています。いざという時のために、避難する場所や安全な経路を確認いただき、事前に大雨などの災害に備えましょう。

筑後川周辺の避難所情報(久留米市・うきは市・日田市)

筑後川周辺の避難場所はこちらです。

久留米市水害時の避難所開設情報(久留米市HP)

日田市令和2年7月豪雨開設費案所(大分県日田市7月3日更新)

福岡県うきは市【警戒レベル3】避難準備・高齢者等避難開始の発令及び避難所開設(福岡県うきは市7月9日更新)

※上記は記事作成時の情報になります。

災害時の避難所については、各住まいの地域の市役所の最新の情報に従ってくださいね。

 

避難所に便利なアイテム

避難所にあってよかった!
という意見が多かった、スマホ充電のできるラジオなど載せておきます。

 

他には、「体拭きシート」や「簡易枕」、「耳栓」なども、
持って行けばよかったとの意見が多かったです!

備えは直前では慌ててしまうので、
事前にリュックにまとめておきたいですね。

インターネットやSNSで発信されたリアルな状況

下記は最も雨量が多いときに投稿された、リアルタイムに投稿された状況をまとめました。

 

 

 

 

 

 

 

っ広範囲に渡っての浸水は、2日経っても引かない地域もあります。

水の猛威に言葉が出ません。

2018年の熊本地震、2019年の北九州豪雨が記憶に新しい中、再びの豪雨。

被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします

 

判断に迷うこともあるかとは思いますが、

暗くなる前に、そして、取り残されてしまう前に、どうか、命を守る行動を取ってください。

令和2年7月豪雨復興支援金

一日も早い復興のためにも、こちらも載せておきます。

日本赤十字社

日本赤十字社では、現在、医療救護活動や救援物資の配布などの救護活動を展開しています。

また、この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社は下記のとおり

義援金(義援金名称「令和2年7月豪雨災害義援金」)を受け付けています。

>>日本赤十字社

受付期間:令和2年7月7日(火)から令和2年12月28日(月)

 

楽天クラッチ募金

令和2年(2020年)7月3日頃から降り続いた大雨により、九州全域をはじめ各地で被害が報告されています。楽天グループではこの災害で被害を受けられた方の支援のための募金を受け付けます。皆様からお寄せ頂きました募金は、地方自治体などを通じて被災された方々の支援に役立てられます。ご協力よろしくお願いいたします。 なお、被害が広範囲に及んでいることから、7月8日以降は九州以外を含む被災地を対象とします。

(楽天クラッチ募金)

>>楽天クラッチ募金

※募金受付は2020年8月5日まで

まとめ

浸水被害がまだまだ収まらない中、残酷にも、さらに、大雨の予報が出ています。

今までにない雨量で地盤が緩み、土砂災害や二次災害の危険性も危惧されます。

 

筑後川近隣の皆さま、被災された皆様、命を守る行動を第一に、どうか、ご無事でいてください。

この記事が少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう