24時間テレビ43回は放送事故が多発!?問題のシーンまとめ(2020年8月22日23日放送)

今年はコロナ感染予防などの観点から、放送されるか懸念されていた24時間テレビですが、

2020年8月22(土)~23(日)より、日本テレビで、43回目となる「24時間テレビ43」が放送されました。

メイン会場の両国国技館は無観客、チャリティー募金も対面では行わずネットで。

恒例のマラソン企画も、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんを中心に結成した“チームQ”が、1周ごとに10万円を募金する「募金ラン」になり、異例づくしの放送となりました。

 

そのためか、

 

 

といった、手厳しい意見が多くありましたので、調べてみました。

さて、ここで騒がれている放送事故とは、いったいどのような内容だったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

「24時間テレビ43」の放送事故内容とは?2020年

ワイプの切り替えミスや音声トラブルが放送事故レベル

Zip枠内でのワンシーン

・肝心のインタビューシーン真っ只中で提供が入り込んでしまったようですね。

 

ギネスの結果発表シーン

こちらも、ギネスの結果発表という一番の注目シーンで、マラソン中継に切り替わってしまったようです。

これは、結果が気になってしまいますよね(^^;)。

 

海老蔵さんのシーン、花火のシーン

 

 

 

・海老蔵さんの歌舞伎シーン音声トラブルで海老蔵さんの声が籠って聞こえにくかった。
・司会の広末涼子さんが涙ぐみ海老蔵さんのコメントを飛ばしてしまった。

・花火が始まった瞬間乃木坂48の歌に切り替わった。
・花火の放送と同時に乃木坂48の歌のシーンは右下の小さなワイプで流れたため、乃木坂ファンにとってはついで感が否めず残念だった。

 

などのトラブルがあったようですが、さすが器の大きな海老蔵さん。
怒ってもいないとのことで安心です。

 

LA FIESTAでのシーン

・会場の声が入り込んでしまったようです。

 

オードリーパーソナリティーのラジオでのワンシーン

約10分間もの間、音声が聞こえなくなるというトラブルに!

ですが、オードリーの対応力が絶賛されていました!

 

メインパーソナリティ―のマイクが入らなくなった

 

 

 

まさかの、歌の途中でメインパーソナリティ―重岡大毅さんのマイクの音声が入らなくなってしまうハプニングまで!

すかさず駆け寄ったパーソナリティーのなかから、増田さんのハンドマイクを受け取って問題なく歌唱を続行した重岡大毅さん。

年齢、グループを超えたチームワークで乗り切り、「即座の周囲のメンバーの対応力の早さ」に感動する声も多く挙がっていました!

 

演出に疑問

 

その他、、「指原さんとチョコレートプラネットのお二人が、本編が来ていたのに気が付かず、雑談を続けてしまっていた。」との意見もありました。

 

スタジオと中継先とのタイムラグや温度差の放送事故

タイムラグに違和感を感じてしまうと言う声ですね。

 

放送事故レベルにスベッたシーン

これは、見る人によるかとは思いますが、一生懸命疲労困憊の中進行を務めてくれているタレントに非はないと思いますがね。

 

さすが皆さん、目の付け所が鋭いですね。

というか、視聴者が感じる違和感が、放送事故と騒がれている印象を受けました。

・場面の切り替えがもたついているなど。

 

それだけ、普段の放送が、視聴者に違和感を感じさせないようにしっかり編集されているという証でもありそうですね。

 

 

 

24時間テレビ43放送事故多発の理由・背景

生放送で宝蔵事故が起こりやすいとはいえ、

なぜ、2020年の24時間テレビでは放送事故レベルのトラブルが頻発してしまったのでしょうか?

 

「社員も外注スタッフもお盆休み返上で働かされています。というのも、今年の『24時間テレビ』はコロナによる収入減のため、スタッフの数を大幅に減らしているんです。準備も放送日ギリギリまでかかるようで、現場では『本当に放送できるのか』なんて心配する声も上がっているほどですよ」(民放関係者)

 

「途中にドラマなどの収録VTRを差し込むとはいえ、これだけの長時間を生放送でつなげ続けるには、相当な技術とスタッフ間の連携が重要になります。例年ならば、入念なリハーサルを重ねて本番に臨むのですが、今年に限っては大幅な制作の遅れのせいで時間がなく、ぶっつけ本番に近いスタイルで強行することになる。放送事故を心配する声も多く上がっています」(前出の民放関係者)

(引用:https://gunosy.com/articles/eXscw?s=t)

と、今回はコロナの影響で異例続きの事態。

人員も少ない中で、事前の段取りもまともに行うことができなかったのだと想像されます。

 

24時間テレビ放送事故シーンのまとめ

今回は、24時間テレビ43の放送事故と騒がれたシーンについて、まとめてみました。

 

視聴者として、感じた違和感を突っ込まずにはいられなくなる気持ちもわかりますが、

過酷な状況の中でも、
視聴者の期待に応えて24時間テレビの放送に尽力した、スタッフや出演者の方の存在があることを忘れずに、これからも楽しく視聴したいと思います。

今回も、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました♪

 

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう