みほとけ(仏像アイドル芸人)はAKB48の9期生だった?画像とオーディション秘話も!

2020年5月4日のしゃべくり007に出演される、ピン芸人のみほとけさん。

芸人にしてはとてもかわいい!?

と思ったらそれもそのはず。

実は元AKB48の9期生だった!?
そしてアイドル、ミス鎌倉でもあった?

という異色の経歴が話題になっていました!
「みほとけ(仏像アイドル芸人)はAKB48の9期生だった?画像とオーディション秘話も!」と題して、どこよりも詳しく調べましたので、気になる方は参考にしてみてくださいね!

 

アイキャッチ出典:https://www.finderjapan-project.com/p/6/

スポンサードリンク

みほとけは元アイドルでAKB48メンバーだった?

みほとけさんが14歳の中学生のとき、憧れだったアイドルになりたくて、AKB48の9期メンバーオーディションに応募、そして見事合格されました!

今でも相当かわいい容姿をされていらっしゃいますので、中学生のときのみほとけさんも、かなりかわいかったのではないでしょうか?

もし、そのまま活動されていましたら、横山由依さんや、島崎遥香さんと同期生、になっていたのですね。

しかし現実は厳しいです。
オーディション合格後、練習生として練習を積み重ねていたそうなのですが、

親へも学校へも内緒でオーディションも受けていたため、
学校や両親から猛反対を受け、練習生卒業と同時に、そのまま辞退。

AKB48メンバー加入の夢は断たれてしまったそうです。

AKB48を諦めきれずアイドル活動

 

大学入学後もアイドルへなる夢を諦められなかったみほとけさん。

AKB48へ加入できなかった屈辱を晴らすため、大学在学中の21歳のとき、再びアイドルオーディションを受けまたまた合格されています!

グループ名は「Wen Dee」へ所属されます。

 


高身長の黒髪の方がみほとけさんですね。美脚です!
本人は「全然人気がなかった」などとおっしゃっていましたが、これだけかわいいので謙遜なのでは?と、個人的には思っています。

ミス鎌倉としても活動!

この投稿をInstagramで見る

 

Mihotoke(@mihotoke_chan)がシェアした投稿 -

大学在学中の2016年4月から翌年3月まで、1年間ミス鎌倉として竃浦氏をPRする活動にも参加されていました。
その大学はなんと慶応義塾大学の看護学部。

在学中にアイドル活動、ミス鎌倉とアグレッシブにご活動されていましたが、
大学生としてもきちんと学び、看護師の資格も取得されています。

寝る暇もないくらい多忙な学生生活だったのではないでしょうか?

夢のためとはいえ、何事にも全力な、パワフルな方だということがわかります。
興味を持ったことは追究せずにはいられないのでしょうか。

こちらについても、詳しくまとめてありますので(1分程で読め画像満載なので)、是非見てみてくださいね♪

 

スポンサードリンク

みほとけさんが仏像好きになった経緯は?

芸人になる前から、もともと仏像好きだったそうです。

きっかけは、高校生のときのある出会いでした。
修学旅行で行った、京都「六波羅蜜寺」にある、「空也上人像」を見て、ビビッと恋に落ちた。と言います。

こちらがその、空也上人像です。

みほとけさんのYou Tubeやツイッターの公式アカウントのアイコンもこちらを模していたのですね!

仏像愛、流石です!!(引用:You Tubeみほとけちゃんねる公式アカウント)


さらに2016年度のミス鎌倉時代、建長寺の節分祭で見た、お経の威力にやられ、仏像の世界へのめり込んでいった。と言います。

横山由依や島崎遥香と同期になりかけた幻のAKBメンバーがピン芸人になった理由は?

仏像好きが高じて、SNSで仏像やお寺の良さを発信し続けていたのですが、
その延長でそれをネタにR-1グランプリなどの賞レースへも参加。

結果は2回戦敗退でしたが、そこで笑いの面白さを体感、世界へ入ることを決めたと言います。

同時期にアイドルグループWen Deeの解散もあり、事務所を浅井企画※へ移籍、本格的にピン芸人としての活動を始められました。

それで、「元アイドル」、「ミス鎌倉」、「幻のAKB48 9期生」という、異色のピン芸人みほとけさんが誕生されたことになりますね。

豆知識

※浅井企画は、萩本均一さんやキャイーンなどを輩出されている、大手事務所です。

 

仏像アイドルみほとけさんの芸風は?

みほとけさんの芸風は、自宅にあるもので仏像になり切るというもの。

ポーズ、表情、美しさに憧れた、コスプレの延長だそうです。
本人もそれで、仏様の魅力を再発見できたと言いますし、まさに、「好きこそ物の上手なれ」という言葉がぴったりですね!

みほとけは“仏像愛”が半端ない?作務衣姿がかわいい画像

みほとけさんは、お坊さんの着る普段着、作務衣が大好き過ぎて、普段からの着用はもちろん、オリジナル製作~販売まで手掛けてしまったほど!まずは気になる作務衣姿からどうぞ♪

豆知識

作務衣は、「さむえ」と読みます。

もともと禅宗の僧侶が務め日々の雑事を行う時に着る衣で、掃除や畑仕事などの寺院を維持するために労働を行う時のみ着用する。

宗派によっても違いはあるが、階級に応じて着られる色が変わる。
一般的には、大衆と呼ばれる修行僧は「黒」、
住職などの一定以上の階級を与えられた僧侶については藍染や「茶色」などの「黒以外の色」
を着用することが多いです。

作務衣をここまでファッショナブルに着こなしてしまうみほとけさんのセンスが逸脱していますね!!

そしてみほとけさんオリジナルのかわいらしいロゴ入りの作務衣
甚兵よりも上品に仕上がり良い感じです!
仏像マニアでなくても着心地が良さそうでこれからの季節、お祭りなどにも着て行きたくなってしまいますね!


みほとけ(仏像アイドル芸人)はAKB48の9期生だった?まとめ

仏像大好き芸人として活動されているみほとけさん。
幻のAKB48メンバーだったということがわかりました。

AKB48として続けていたらどうなっていたのかなとも思いますが、過去にとらわれず、自らの手で、新たな道を切り開き、夢を追いかけアグレッシブに行動し続けられているみほとけさん。

ラジオを聴くのも大好きで、「いずれはラジオのパーソナリティーを務めてみたい」とも仰っていました。

「有言実行」
「好きこそ物の上手なれ」
「才色兼備」

まだまだ色々な言葉が当てはまりそうなみほとけさん。

その夢も本当に掴んでしまいそうな勢いですね!
これからも応援していきたいと思います。

本日も最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう